ホーム > 超省エネ電源装置を考える

超省エネ電源装置を考える  新刊

超省エネ電源装置を考える

節電に関わる超省エネ電源装置。超ハイブリッド車・半永久自転機(自力モータ)の実現化の可能性について述べている

著者 竹川 敏夫
ジャンル 電気
シリーズ 電気・電子工学
出版年月日 2014/06/05
ISBN 9784827712933
判型・ページ数 A5・138ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第1章 超省エネ電源装置
第2章 EV車、HV車などの超省エネ電源システム
第3章 半永久モータと半永久電源

このページのトップへ

内容説明

 

◎本書記載の新説全装置、全システムは世界初公開です。

 

第1章 超省エネ電源装置

 

従来、電気の常識では、低電圧・大電流のA電力と、高電圧・小電流のB電力を融合させて高電圧・大電流を取り出す(すなわち、入力電力よりも出力電力が大きくなる)ことは不可能と言われていました。

新説発見。蓄電池を媒体に使用することによって、A電力とB電力とを蓄電池内部で融合させ、合成高電圧・大電流の「良いところ取り電力」を生成する回路を発見しました。他にパネル設置費が約50%OFFの新説太陽光発電システム等を記載しています。

 

第2章 EV車、HV車等の超省エネ電源システム

 

前章で説明した、「良いところ取り電力」を蓄電池に充電させるEV車等の超省エネ電源装置2例と、トヨタのプリウス車級のシリーズ型ハイブリッド車が走行燃費75km/ℓ以上の可能性を持つ超省エネ電源装置システムを紹介しています。

 

第3章 半永久モータと半永久電源

 

半永久モータの個々独立したU型ステータのコイルを全て短絡させると、モータ作用が発生し、ロータ軸は半永久に自力自転する可能性が非常に高くなります。その機構(現物写真付)と回路を紹介しています。

また、同期発電機と蓄電池を組み合わせた半永久電源システムなど4例を紹介しています。

 

◎本書に記載の全装置・全システムは、多くの実験データを基に構成しています。実現化に向けての可能性論理などを述べています。

このページのトップへ

関連書籍

蓄電池の上手な使い方

蓄電池の上手な使い方

家庭で手作り!蓄電システム!

著者:竹川 敏夫
 
トルク脈動レス永久発電機電力システムを考える

トルク脈動レス永久発電機電力システムを考える

永久磁石を高速回転し起電コイルで発電

著者:松本 修身
 
 
永久発電機を考える

永久発電機を考える

永久発電機は実現可能か。

著者:竹川 敏夫
 
 

このページのトップへ